黒岩秩子の大地塾

アクセスカウンタ

zoom RSS 米山隆一新潟県知事のパーティー

<<   作成日時 : 2017/04/14 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017,3,26      於、長岡グランドホテル

26日は午前中長岡で反原発のグループが集まって、10月8日(土)の県民大集会の企画会議がありました。
なかなか参加できずにいましたが、今日は時間があるし、今年は新潟県民会館で大集会をしようということになっているので、その準備段階から参加しようと考えたのでした。いつもこの会を呼び掛けてくるのは、上越の植木さんと言う方です。30代かせいぜい40代の若者。あとはほとんどが定年退職後という感じでした。
この会に、去年柏崎市長選に立候補して落選した竹内英子さんが参加していました。

終わってから竹内さんが「米山隆一さんのパーティーがグランドホテルであるから、行きません?」というので、丁度私も午後時間があるからどこかによっていこうと思っていたところだったので、一緒に行きました。ものすごい人!びっくりです。本当は、初めてのパーティーは、新潟市で、との意見があったけど、米山さんが、魚沼、小千谷、長岡がふるさとなので、というこだわりがあって、長岡ですることにしたのだそうです。
立食パーティだというのに、長い長い講義とごあいさつ、講義は、古賀重明さん。私は知らなかったけど、かなり有名な方のようでした。元経産省官僚、「改革はするけど戦争はしない」というスローガンで、フォーラムフォーというサロンの活動を続けている。30分の古賀さんの話で、私にとって新しい情報はなかったと言っていいようでした。
4人の来賓の話に続いて、米山さんの話し、これは面白かった。
1、 昔私は生意気だった。自分のことが分っていなかった。
2、 人の話が聴けるようになった。そのおかげで自分のことが分るようになった。
3、 自分だけで選挙をやるのではなく、大勢の皆さんの力が合わさって選挙ができるということが分った。
というようなことでした。

森裕子さんはこう言っていました。「米山さんがこんなにいい人だってわからなかった。バック転が上手な人ぐらいしか分っていなかった」
2時間たってやっと乾杯となりました。立ちっぱなしなので、最後はもうやめて、という感じのヤジが飛んでいました。
最後に閉会の宣言をした佐々木寛さん(国際情報大学教授)は「米山さんは国政で落ちていてよかった。県知事がふさわしい」と。女性県議が共産党と、公明党、この二人の話を聞いて、62年ぶりに全会一致で予算が通ったいきさつがわかりました。いつも反対してきた共産党が、今回は「与党」ということなのですから。

帰りに私は米山さんに「魚沼でもパーティーをしましょうね」と言ってきました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米山隆一新潟県知事のパーティー 黒岩秩子の大地塾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる