黒岩秩子の大地塾

アクセスカウンタ

zoom RSS 南魚沼総合支援学校後援会初会式

<<   作成日時 : 2017/04/14 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017,3,10         於、総合支援学校

10日は午後、南魚沼総合支援学校で、後援会の初会式があった。私は、総合支援学校なら、応援したいという想いがあったので、後援会を作ると聞いた時にすぐに入会した。

総会は15:10からだったが、その前の時間がオープンスクールだというので、少し早目に行って、教室を見て回った。小学部の部屋をすべて見せてもらうことができた。そう言うことができるのも後援会員の特権のように思われた。

15:00開場に行って配られたものを見たら、去年の11月まで南魚沼市長だった井口一郎さんが、後援会長になると書かれていた。井口市長の時にこの学校ができて、学校中で「恋するフォーチュンクッキー」の踊りを踊ってユーチューブにして流しているが、市長はその中でちゃんと踊っていたことを思い出した。

年会費が5000円の正会員は、まだ16人で、今日はそのうち12人が出席と言う。年会費3000円の賛助会員は25名、同窓会員は20名で会費は無料。というのが現状だが、正会員を50人に、賛助会員を200人に増やすことにして予算が立ててある。私も、めぼしい人たちに呼び掛けて会員になっていただこうと考えている。南雲教育長に呼び掛けようと思っていたら、もうすでに正会員になっているとのことだった。予算を見たら、ぷれジョブにも、みんなの学校にも補助金を出すように書かれていた。

この学校ができた時から大きな存在感を示していた森田教頭が、転出するらしい。でも、南魚沼市全体をカバーする仕事につかれるようなので、今以上に活躍されることを期待している。地域全体が、どんな障がいを持っている人をも受け入れる、そんな地域になることを夢見て。

日報と朝日の記者が取材に来ていて、終わってから、校長室で、取材を受けているところに居合わせた。その時の井口前市長の発言が頭に残っている。「この地域は、新潟県の中で一番生活保護が率として少ないのです。それは、この地域に助け合うという関係がまだ生きているからだと思います。ここと同じように少ないところに刈羽村がありますが、あそこは、カネがあるからですが、ここは金はないんですけどね。親戚とか知り合いとかが、生保になんかさせられない、と言って手を出しているようです」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南魚沼総合支援学校後援会初会式 黒岩秩子の大地塾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる